fuga!エイト

fugaeight.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2017年 10月 18日

サンテミリオン シャトー訪問

また暫くぶりの更新になってしまいました。
今さらですが、GWフランス旅行の続きを。
もう秋やん。

朝、ボルドー Bordeaux St Jean駅
駅舎と電車と姉

d0224487_2351840.jpg


日当たり抜群のボルドー駅ホーム

からの、リボーン GARE DE LIBOURNE 駅へ

d0224487_2357145.jpg


ここからタクシーで、サンテミリオン村へ向かいます。

d0224487_23592925.jpg


でも、タクシー乗り場にタクシーが常駐するシステムではないようで、電話で呼ばなくてはなりません。

早朝にもかかわらず、お姉ちゃんはタクシーを呼ぶことに成功。

d0224487_074348.jpg


30分ほどで、サンテミリオン村の中央部に到着。
石灰石の山にできた村です。
中世から地下空間が石灰岩の地盤を掘って造られ、各シャトーは地下で繋がっています。
大戦時、ドイツに占領された時は、ワインとユダヤ人を隠す場所となったそうです。
ワイン庫である地下洞窟がボルドーまで続いているそうです。

宿泊は、村の中央の広場に面したホテル。
とっても素敵なホテルなホテルでしたが、斜面地に建つ為、外観の写真はほとんどありません。

d0224487_1301696.jpg


シャトー見学ツアーの予約を日本でしていくのを忘れてしまい、
ホテルで相談してみたら、二軒のシャトーを紹介してくれました。
ボルドーのワイン取引には古くからネゴシアンという独特の職業が重要な役割を果たしています。
今回はこのネゴシアンさんがそれぞれのシャトーを案内してくれることになりました。
幸運なことに、ワインの製法や、ワインビジネスについて詳しくみっちり聞くことになりました。

d0224487_0241233.jpg


1件目は、熱心な研究者風のネゴシアンさんに案内されて、84歳のマダムが守るシャトーへ。
お住まいにワイン醸造場やワイン庫があります。
ワインの製法から、貯蔵、販売手法、ボルドー地方の歴史や文化など、丁寧に丁寧にお話してくれました。

d0224487_112644.jpg


英語でしたが、私にわかったのはたぶん20%くらい(泣)

d0224487_0181783.jpg


ワイン醸造所とはいえ、工場のはずですが、そこで製造作業がされているとは信じがたいほど、清潔で静謐な空気の漂う場所でした。

d0224487_0224939.jpg


d0224487_0271617.jpg


d0224487_0312837.jpg


2件目は、ニヒルなビジネスマンふうネゴシアンさんに、ワイン畑へと連れ出して頂きました。

d0224487_0412219.jpg


有名ブランドの畑や新進の栽培家の畑など、さまざまなバックグラウンドの畑の説明を聴きながら歩きます。
普段、建物を見て歩くことはあるけど、畑見て歩くのは初めての経験。

d0224487_0542565.jpg


ぶどうの栽培方法から、世界のワイン市場のお話まで、こちらのネゴシアンさんのお話も楽しい。理解率20%でも。
d0224487_0425080.jpg


d0224487_0505150.jpg


d0224487_0524353.jpg


d0224487_151324.jpg


そして、見学のあとは、ネゴシアンさん、それぞれのお店で試飲とお買い物の時間です。

d0224487_119990.jpg


この見学は一般の観光ツアーのようなものではなく、ネゴシアンさんも案内料というものはとられない。
ホテルでも金額の説明もなかった。

・・・もしかして、とってもお高いワインを買わなくてはならないのかしら、と高級ブティックのようなワイン店のバ―カウンターに座るころには不安になりました。

が、試飲に薦めてくださったのは、30ユーロ~100ユーロくらい。

ほっと安心しました。

ネゴシアンさんたちは案内しながら、自分が喋るだけでなく、

「日本では、どんな仕事をしているの?」

「普段はどんなワインを飲んでいるの?」(えっと、チリワイン・・・)

と、私たちのこともリサーチ済み(笑)。手の届く範囲のものをすすめてくれました。

d0224487_1211060.jpg


両親と姉と私の3家で3ダースほどのワインを買い込みました。

2ダースは航空便で、1ダースは手分けして持ち帰りました。

d0224487_1232167.jpg


ちなみに、1ダースの日本までの送料は12000円。
手持ちで重くて大変な思いをしたり、飛行機で重量制限にひっかかることを考えると、送ってしまったほうが賢明でした。
[PR]

by eight-ten | 2017-10-18 01:43 | | Comments(0)