fuga!エイト

fugaeight.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 27日

息子は充実世代

ガラクタ博士のペット人間化メーカー
久しぶりにやってみました。

エイトは人間なら 現在41歳10カ月17日目。

d0224487_20242611.png



楽しい充実世代!楽しいところに吸い寄せられる傾向があります。




以前試した時はこんな感じ
ずいぶんオトナになりました。
いつの間に音楽が趣味になったんだろう。


41歳で充実世代。
ついこの前、我が家へやってきた痩せこけた4カ月の子犬が、もうそんな・・・
あと1年で私の歳に追いついて、追い越していきます。
あと2年でパパのことも追い越すね。

充実世代・・・確かにそう。
身体も出来上がって、怪我以外は、体調が悪いことなどめったにありません。
気力もいつも充実してるなあ。

今、この時を大切に暮らしていきたいね。
[PR]

by eight-ten | 2013-06-27 20:31 | 節目
2013年 06月 26日

高砂神社能舞台工事現場見学

d0224487_2323585.jpg




高砂神社の霊松殿に保存されている「相生の松」。
d0224487_2121537.jpg

赤松と黒松がひとつの根から寄り添うように生えてます。
現在の「相生の松」は5代目だそう。

謡曲「高砂や」

高砂や。
この浦舟に帆をあげて。
この浦舟に帆をあげて。
月もろともに出汐の。
波の淡路の島影や。
遠く鳴尾の沖過ぎて
はや住吉に着きにけり
はや住吉に着きにけり。


高砂と大阪の住吉にそれぞれ老夫婦が分かれて住んでいて、舟で逢いに行くお話。
年老いても仲の良い夫婦和合のしるし。
d0224487_2134647.jpg


仕舞のおけいこを始めてすぐ、先生がサロンでこの「高砂」を特集され、初めて知ったのですが、
「高砂」は能全体の代表作ともいわれ、慶福の意味が込められたおめでたい有名な作品で、老夫婦は神様の化身です。
高砂から、船出して、淡路島を横目で見ながら、鳴尾の浜も過ぎて、住吉に行く~というあたり、意外と身近な地名が出て来てくるので、とても親しみを持ちました。
我が家は旧鳴尾村。鳴尾の浜はうちの坊っちゃんがいつも泳いでいるところです。

高砂神社の能舞台の新築工事現場見学。
d0224487_2251656.jpg
古い能舞台は残したまま、神社の拝殿に向かって、新しい能舞台が建設中です。
工事現場とはいえ、檜の香りのすがすがしい空間。
d0224487_2255580.jpg
完成すると、篠山の春日神社に並ぶ、最大級の能舞台になるようです。
舞台の床下部分には、音の響きをよくする為、甕が埋められるそうですが、ここでは、甕は用いず、基礎のコンクリートスラブをすり鉢状にして音響効果を高めます。
d0224487_2264918.jpg

設計者の先生のお話では、古い舞台を修復し、新旧の能舞台を同時に使う新作能を作ってはどうか、という構想もあるとか。d0224487_2281288.jpg


竣工は秋。
高砂神社では、高砂観月能などの主な公演は観世流の能楽師の上野朝義師がシテを務められているそうです。d0224487_2291736.jpg
いつか私たちの師匠もこの舞台を踏まれることもあるのでしょう。
d0224487_2301267.jpgここは鏡の間。演者が最終的な身支度をする神聖な間。
完成したら必ず観に行きます。

d0224487_2313813.jpg
瓦には相生の松の姿

d0224487_2422955.jpg

古い能舞台。

能鑑賞の帰りは梅が湯かな。
[PR]

by eight-ten | 2013-06-26 02:44 | 建築・アート
2013年 06月 24日

高砂の銭湯

高砂のまち。
d0224487_0513016.jpg
高砂神社の能舞台新築工事現場見学とまち歩きに参加しました。

「高砂や、この浦舟に帆を上げて、、、」の高砂。
興味深いものがたくさんありました。

d0224487_0492275.jpg
銭湯「梅が枝湯」。
バナキュラーな建築、というのでしょうか。
しみじみ見て楽しめます。
d0224487_054118.jpg
なんと薪で焚いている銭湯なのです。
d0224487_050087.jpg
風呂焚きのおじさんの後姿。

次回高砂へ行くときは、お風呂セットを持って。
d0224487_0505195.jpg

[PR]

by eight-ten | 2013-06-24 00:57 | 建築・アート
2013年 06月 23日

緑のチカラ

無事、お施主様にお引き渡しができた住宅の現場。

一番初めに入居してきたのは、、、
d0224487_124128.jpg


この子。
かわいいグリーンでした。

「工事現場」が「住まい」に変わった瞬間。
[PR]

by eight-ten | 2013-06-23 01:24 | 建築・アート
2013年 06月 20日

新しい住まいに、思い出のドアを

竣工間近の住宅の現場。
古い住宅を解体して、新しく建て替えています。
d0224487_2395616.jpg

玄関のみ、もともとあった古いドアをリフォームして使います。
お施主様のお気に入りの古い木のドアの周りに、新たに木で框をまわしてサイズを一回り大きくし、開き戸から引き戸へ変更。鋳物の取っ手は向きを変えて付けなおし。
写真は塗装を全部落としたところ。きれいな木目が見えてきました。これから色を塗って仕上げます。
うまくいくか心配でしたが、大工さん、建具屋さんの丁寧なお仕事のおかげで、いい感じにできそうです。
[PR]

by eight-ten | 2013-06-20 02:43 | 建築・アート