fuga!エイト

fugaeight.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 07月 23日

暑さで挙動不審な毛むくじゃらの息子

買ってから1年以上も手をふれていなかったソフト InDesign。
原稿を書く仕事があるので、使ってみようとしたけど、簡単に使えそうでいてなかなか難しい。
マニュアルを買ってきて、ひとりレッスン中です。
d0224487_123276.jpg

ぼくが応援してますよ。


最近のエイトは、日中はエアコンをつけていても、暑さのせいか、ソワソワと不安げな様子。
27度の設定だと、ガタガタ震えて私が座っている椅子に上ってきたり(重っ!)、わざわざ一番熱いパソコンの裏に潜り込んだり、おしっこちびったり、と、挙動不審。
25度に下げると、ようやく落ち着いて、エアコンの涼しい風のあたる場所でのんびりと寝ころびます。夜ももちろんエイトのいる部屋はエアコン稼働中。節電にはほど遠い我が家。
飼い主の寝室は窓全開で汗をかきながら寝ています。


夜の散歩は、普段通り元気一杯。

d0224487_1261930.jpg


今晩は散歩の途中に急に雨が降り出して、急いで帰ってきました。
緑のボールを見つけて、お持ち帰り。
少しの時間でも外で爆走できると、落ち着いて眠れるようです。
[PR]

by eight-ten | 2012-07-23 01:42 | 日々のこと | Comments(2)
2012年 07月 18日

宵山の頃

d0224487_1342613.jpg



7月16日、祇園祭の宵山の京都。
友人のピアニストが出演する室内楽コンサートを聴きに行った。
ピアノ、フルート*3、チェロ の心地よい音のシャワーを浴びた。

吉田山荘近くの錦鱗館という素敵なホール。

d0224487_135810.jpg


大きなコンサートホールでの演奏会もいいけど、こういうこじんまりしたホールで、奏者の間近で音に身を委ねるのも、この上なく贅沢で好き。

前日は、

また暫くぶりの潮芦屋ビーチ。

d0224487_1355376.jpg


波に揉まれるエイト。

d0224487_1364611.jpg


ここ数日、急に暑くなって、エイトはパニック気味。

早く暑さに慣れるといいんだけどね。


白馬のペンショングラスハウスで、ゴールデンレトリバーのふりるちゃんが、出産日を6日前にして産気づいた! と聞き、少しでも早く出産情報が知りたくて、ママさんのブログアップが待てずに、思わずフェイスブックに登録した。

そしたら、当たり前ながら、フェイスブックの世界に足を踏み入れてしまった。
知ってる人がいっぱい交流している知らない世界にあたふた。

d0224487_1374363.jpg

翌日、ちょうど、携帯が買い替え時なので、スマホデビュー。

まだ、電話がかかってきても、うまくとれません。
メールもひらがなしか打てません。

ふりるちゃんは8頭の赤ちゃんを産み、体の弱っているおかあさんのりぼんちゃんに孫を抱かせてあげることができた。嬉しい。本当によかった。奇跡!

d0224487_1381864.jpg


7月も半ば過ぎ。

なんとか今月中に仕上げなければいけないことが、たくさん。

気合を入れ直そう。

おう!
[PR]

by eight-ten | 2012-07-18 01:43 | 季節の行事 | Comments(8)
2012年 07月 12日

ボクたちワタシたちの村

今日は、JIA(日本建築家協会)のお手伝いで神戸の私立中学で建築教育。
中学1年生の数名のグループに一人の建築家が指導スタッフとなり、立体構成の実習授業。

d0224487_1103945.jpg


「ボクたちワタシたちの村」

1.8M立方の個人のCUBEと、同じく1.8M立方の共有のCUBEを組み合わせ、隣人や周りの環境のことを考えながら、村を創造していく。
156名の生徒を午前と午後に分けて14名の建築家が指導するワークショップ。
みんなとっても熱心で休み時間も惜しんで手と口を動かし続ける。
中学1年生ってパワフルでナイーブでそして難しいお年頃。
ハイテンションで熱くてめちゃめちゃ疲れて面白い一日でした。
[PR]

by eight-ten | 2012-07-12 01:12 | 建築・アート | Comments(0)
2012年 07月 11日

シナゴーグと

この夏一番の暑さの今日。

朝から植木屋さんが来て、家の伸び放題だった庭木や雑草をさっぱりと刈り込んでくれた。

そのあと車を飛ばして神戸へ。

関西ユダヤ教団のシナゴーグへ見学に行った。

シナゴーグは、日本では  横浜  東京の広尾 とここ神戸の二か所のみ。
d0224487_101233.jpg


北野町の一角にひっそりとたたずむ礼拝堂。

正面の幕の中にはトーラー(教典)が収められている。
幕の上の石板にはモーセの十戒。

d0224487_114946.jpg


礼拝堂の一角にパーティションで区切られた女性席がある。

d0224487_174910.jpg


女性席から見るとレース越しにこんな感じ。

d0224487_163753.jpg


男性は女性が目に入るとお祈りに集中できなくなるので、女性は隔離されているんだとか。

金曜日の午後にはたくさんのユダヤ教徒が集まって、礼拝や食事をする。


d0224487_1101928.jpg


リーマンショックで人数は減少したものの、現在は30家族100人程度の人びとが形成する関西のユダヤ人コミュニティにとって大切な場所。
開国以来の神戸とユダヤ人の長い歴史において、ナチス時代の杉浦地畝さんのいわゆる「命のビザ」が果たした役割も大きかったと言われている。
d0224487_1112465.jpg


シナゴーグを後にして、

加納町のフロインドリーブでランチ。

かつて教会だった建物が今はカフェとショップとして使われている。

d0224487_1143758.jpg


カフェとしては素敵な空間だけど、一番神聖な場所が厨房になってたりして、ちょっと寂しい。


市役所に寄ってから、


美容室で伸び放題だった髪をさっぱりと刈りあげてもらった。
庭も頭もスッキリして、

さあ、夏本番。

夏バテしないでがんばっていこうね。

d0224487_1171835.jpg


寝てたのにカメラ目線をありがと。
[PR]

by eight-ten | 2012-07-11 01:36 | 建築・アート | Comments(4)