fuga!エイト

fugaeight.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 28日

2015年フランスへ

d0224487_344449.jpg


シルバーウィークに、両親と姉の4人でフランスへ。
私は4人きょうだいの二番目。今回は生まれて初めてと言ってもいいくらい、おとんぼ気分全開で出かけて参りました。

私以外の3人は、ほぼ毎年フランス旅行に出かけています。
行くことが決まると、
「フランスで、あなたの行きたいところをどこでもいいから1カ所言ってごらん。連れて行ってあげるから。」
と、夢のようなお題をもらい、
「んじゃ、ロンシャンの礼拝堂に行きたーい」と、何にも考えずにリクエストしました。
コルビュジェの晩年の名作、ロンシャンの礼拝堂は、フランスとスイスの国境近くの山の上に位置します。
自分の廻りでは、建築ツアーで行った話しか聞いたことがありません。
それもフランスからではなく、スイスから入ることが多いよう。
個人で行かれた方のブログを見つけても、とにかくアクセスが大変という話ばかり。
一度はあきらめかけましたが、
父がトーマス・クックの時刻表を調べつくし、姉がネットを駆使して、パリからのルートを組み立ててくれました。
本当は、今回はパリからベルギーに足を延ばす予定だったらしいのですが、私のロンシャンの礼拝堂のせいで、フランス中西部を巡る旅となりました。

エイトは今まで3日以上の留守は実家に預けていましたが、今回ばかりは、ペットショップのホテルを8泊予約。途中、もし夫が帰省できれば、自宅に連れ帰ってもらうことにし、こうして、家族の協力のもと(エイトは有無を言わさずですが)、憧れのロンシャン礼拝堂を目指して出発することができました。

姉は東京からアエロフロートモスクワ経由、、両親は関空からエアフランス直行便、私は関空からフィンランド航空ヘルシンキ経由で、パリへ夜、集合となりました。
d0224487_361010.jpg

ヘルシンキ・ヴァンター国際空港のカフェ。おいしそうでしたが、乗り継ぎ時間がタイトで入れず。


シャルル・ド・ゴール空港で、夕方、両親と待ち合わせして、タクシーでパリのホテルへチェックイン。
フィンランド航空はチケットが安く、空港も機内も機能的でよかったのですが、機内食が少なくてまずくて、パリについたらおなかがぺこぺこ。
エアフランスの豪華な食事で満腹の両親にもつきあってもらって、フランス第1食目は、ホテル近くのカフェで、ステーキのプレートを頂きました。
d0224487_2553118.jpg

姉が遅れて深夜に到着。アエロフロートも機内食はよかったらしい。

腹ごしらえして、明朝のロンシャン行きへ備えます。
[PR]

by eight-ten | 2015-09-28 03:14 | | Comments(2)
Commented by kirara at 2015-10-01 12:11 x
家族でフランスのホテル集合なんて
ハイグレードでハイセンスなご家族ですこと
Commented by eight-ten at 2015-10-02 02:50
ハイグレードでハイセンスですか~。すごいご家族みたいですね~^^笑笑。
今も昔もうちはテントで野宿ばかりなのですが、たまにホテルに泊めてもらえるとテンションUPです~。



<< パリ・リヨン駅から      聖地へ >>