fuga!エイト

fugaeight.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 10日

甲子園球場見学

建築士会による甲子園球場の見学会に参加しました。
d0224487_23503622.jpg

甲子園球場のリニューアル工事の全体計画の認定や防災計画、福祉のまちづくり条例などについて行政の担当者のレクチャーを受けた後、スタジアムツアーへ。三塁ブルペンやベンチ、スタンドなどをガイドつきで周り、甲子園歴史館も見学しました。
d0224487_23515079.jpg

歴史ある大正時代の建物。そして、たくさんの人が集まる社会的に重要な場所でもあります。リニューアル工事に際しては、現行の法規にどのようにに合致させたものにするか、また、球場の運営に支障を来さないようオフシーズンを利用して短期間に工事を行う、等のさまざまな苦労の末に完了した大プロジェクトであったようです。
d0224487_23524825.jpg

三塁ブルペン。
d0224487_23544155.jpg
大正時代には、ここに日本では2例目となる屋内温水プールがあったそうです。
当時の写真。
そう言えば、甲子園は球場のほかにも、阪神パークや競輪場など遊技場がある町として発展しました。
d0224487_2355191.jpg

ビジターチームのロッカールーム。なかなか機能的。
d0224487_23535721.jpg
この個人用クロゼットのようなものはキャスターがついていて、高校野球の間は部屋の外へ出され、このロッカールームは新聞社の出張所になるとか。
阪神の1軍のロッカールームは非公開で写真のみでしたが、こことは比べようがないほど、ゴージャスな作りでした。

3塁側ベンチ。ベンチは見かけよりずっと座りやすい。
d0224487_23571178.jpg

ベンチの後には空調の吹き出し口。自分で向きを調節できます。
ブルペンへの直通電話。
ベンチにいながらブルペンの映像が確認できるモニターがあり、ここから替えのピッチャーに連絡します。
d0224487_23582545.jpg


ダクトの隙間には、ジェット風船の残骸が、、、
d0224487_23562438.jpg

甲子園歴史館は、阪神ファンでなくてもなかなか楽しめる展示施設。

昔の手書きの掲示板…
屋鋪とかモッカってそんなに昔ではありませんね。d0224487_003442.jpg


わが母校の前身であった旧制中学も大正時代に全国制覇の記録があります。
d0224487_014019.jpg

ベルサイユ条約の結ばれた年。

近くに住んでいながら、野球に縁がなく、来る機会のなかった甲子園球場。
歴史と叡智と情熱の凝縮されたすごい場所。
いろんな意味で地域のランドマークとしてもっともっと知りたくなりました。
d0224487_011596.jpg

グランド。
甲子園の柴は2毛作。
冬柴が青々としています。
d0224487_023075.jpg
[PR]

by eight-ten | 2013-02-10 00:18 | 建築・アート


<< 寒中水泳      グスタフスベリへ…いきなり北欧... >>