fuga!エイト

fugaeight.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 01月 05日

年賀状 新規事業

もひとつ年賀状です。
昨年、仲間と合同で設計会社を立ち上げました。
新春、ようやくひとつめの仕事が完成します。
古民家を体験型ホテルにリノベーションしました。
住宅から宿泊施設へ用途変更しましたので、コンバージョンの設計実務です。
オープンまであと少し。

d0224487_147674.jpg

# by eight-ten | 2017-01-05 01:47 | 季節の行事 | Comments(0)
2017年 01月 05日

年賀状2017

遅くなりましたが、新年のご挨拶を申し上げます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
d0224487_1294289.jpg

# by eight-ten | 2017-01-05 01:30 | 節目 | Comments(0)
2016年 12月 18日

位牌

エイトの位牌ができた。
葬儀をして頂いた宝塚動物霊園で作って頂き、このたびお性根入れの法要を済ませました。

エイトは人間でも仏教徒でもないけれど、
エイトを荼毘に付したこの霊園の本堂で 
エイトの写真と骨壷を前に
お経をあげて頂き、
エイトの法要を重ねることが 
今の私たちにはとても大切な時間となっています。

少しづつですが、
エイトがいなくなったこと、
いなくなってから確実に確実に時が経っていること、
それぞれの現実の世界で 生きてゆく営みが否応なく続いていること、
その営みの中を私たちはなんとか前向きに生きていること
を 認めていけるようになっています。

小さなシンプルな四角いクリスタルの位牌に、エイトの写真を掘って頂きました。
位牌用に選んだ写真は、某大な数のエイトの写真の中で、とっておきの特別な一枚。

カメラマンのNorikoさんに撮って頂きました。
私のプロフィール写真を撮りに来て頂いたあの日
私が2階に着替えに行っている少しの間
Norikoさんとエイトはどんな会話をしたのでしょう。

d0224487_153264.jpg


# by eight-ten | 2016-12-18 02:21 | Comments(0)
2016年 12月 10日

名古屋観光

知多半島へ先輩が設計されたお寺の見学に行き、その前後、名古屋観光。
知多半島も名古屋も、エイトとの思い出の地です。
エイトパパが名古屋へ単身赴任してもうすぐ8年というのに、名古屋を歩いて観光するのは今回が初めてです。

まず、「ノリタケの森」のミュージアムでオールドノリタケを堪能。

修士論文で日本の近代デザイン史を扱ったので、とても興味深いものに出会えました。

そして、
初名古屋城。

d0224487_1134488.jpg


耐震性能が足りないため、近く木造で建て替えられる予定だそう。

今は、コンクリートの博物館みたいな建物なんですね。

d0224487_114349.jpg



復元された本丸御殿は見事!

d0224487_1252219.jpg


d0224487_115537.jpg


なんと敷居にコンセントが仕込まれてました。このアイディア、頂きます。

d0224487_116112.jpg


予約なして、工事現場の見学ができます。

d0224487_1155294.jpg


杮葺きの真っ最中です。

そして、徒歩とバスで歴史の町めぐり。

旧裁判所

d0224487_117812.jpg


d0224487_118120.jpg



ひときわ目をひく双葉御殿 川上貞奴邸。

d0224487_118401.jpg


あめりか屋の設計施工だそうです。

d0224487_1191517.jpg


貞奴さんは、女優を引退後、ここで、福沢諭吉の娘婿で電力王と言われた福沢桃介と暮らし、
ご自身も実業家として活躍されたそうです。

d0224487_1194831.jpg


ここは、明治大正期の名古屋社交界の華が咲いた場所ですね。

締めは、いば庄で念願のひつまぶし。

d0224487_1202765.jpg


うなぎがカリっとしていて、タレがあっさりして、美味しゅうございました。

エイトがいたら、名古屋城も見れなかったし、ひつまぶしも食べれなかったけど、

観光もごちそうもなくていいから、エイトとまた名古屋へ行きたいね。

思い出の知多半島

d0224487_1313624.jpg

2009年12月。去勢手術の2日後、くよくよしていたエイト。
名古屋のパパのマンションに行っても隅っこでいじけてました。
次の日、エイトと二人で海を見に知多半島へドライブ。
キラキラ光る海を見て、ようやく元気を取り戻していました。
d0224487_137914.jpg

# by eight-ten | 2016-12-10 01:27 | | Comments(0)
2016年 11月 26日

上勝町

d0224487_043305.jpg

縁あって、徳島県の上勝町へ行ってきました。
「はっばビジネス」や、「ごみゼロ運動」で有名なまち。

まちといっても、集落?といようなものはありません。

急峻な山あいに、民家がぽつん、ぽつん、とあります。

秘境と言っても過言ではありません。

日本の棚田100選に選ばれた樫田の棚田。

d0224487_044532.jpg


商業施設はほとんどないのですが、美味しいレストランが少しだけあります。

棚田を見降ろす斜面に、そば処あさかげ亭さんがあります。

都会で料亭を営むご主人が、そばの商品開発をしながら、蕎麦屋もたまに開かれています。
洗練されたお蕎麦です。
d0224487_193730.jpg



手入れされていない林道のような道を、命がけで上ってたどり着きます。

d0224487_056221.jpg


古民家のリストランテ pertornare(ペルトナーレ)への階段。

新進気鋭の人気シェフが営むイタリアンです。

d0224487_0462165.jpg


d0224487_0442919.jpg


ここは平家の落人の里です。

(知章(ともあきら)さんの一族の末裔が暮らす里だ!)

竹田城や比叡山坂本の石積みで有名な穴太衆の先祖の故郷とも言われています。

棚田の縁も、山の中も、高低差はすべて石積みで造られています。

山の中にある、古城あと。
d0224487_1223833.jpg


d0224487_123742.jpg


d0224487_123464.jpg


湿度が高く、見事なこけが見られます。

d0224487_045312.jpg



d0224487_0455853.jpg




d0224487_0464121.jpg


d0224487_1245381.jpg


エイトと遊びに来たかったな。

d0224487_1254110.jpg


こういうとこ、大好きでした。

d0224487_0472122.jpg


少しだけですが、エイトも一緒に旅しているような感覚になりました。

d0224487_0474962.jpg


# by eight-ten | 2016-11-26 01:04 | | Comments(0)