fuga!エイト

fugaeight.exblog.jp
ブログトップ
2017年 02月 01日

相聞奏華

久しぶりに逢う 師匠の花
d0224487_138252.jpg



かわいらしいです。
d0224487_1424059.jpg



d0224487_1433079.jpg



d0224487_1384747.jpg


お花のお師匠さま。
d0224487_2182745.jpg


知事に市長に国会議員にアーティストに大学教授にお坊さんに宮司さんなど、
たくさんのお客さまを招いて、かわいいお花に囲まれた恒例の盛大な新年会。
ますますお元気そう。
[PR]

# by eight-ten | 2017-02-01 01:41 | | Comments(0)
2017年 01月 16日

写真立て

のりこさんに撮ってもらったエイトの写真。
写真フレームに入れて実家へ持っていったら、
サイドボードの上に置いてくれた。
実家が大好きだったエイト。
これからもみんなと一緒だよ。

d0224487_1362638.jpg



エイトの顔
・・・・・
父方の祖母 ふみさんにそっくり、と姉と妹が言う。
確かに、似てるような気がする。
今回、この写真を見て父が
「誰かに似てるんだよなー。誰だったかな?」
と呟いた。
ふみさん?
[PR]

# by eight-ten | 2017-01-16 01:38 | Comments(0)
2017年 01月 16日

階段

わんこと暮らす住まいの設計をさせて頂いている。
チワワとダックス計3頭。
普通の階段は登れないとのことで、エレベーターを設置する。
でも、飼い主さまはわんこさんと一緒に景色を見ながら1,2階を行き来したいの、ということで、ゆるーい階段を計画。
さらに、ゆるい階段でも、わんこが段鼻に鼻をぶつけて出血すると思うので、人間用の階段の横にわんこ用にスロープを付けたいの、というご要望を頂きました。
「ううむ、どのようなものになるのやら?」と思いながら歩いていると、意外にも「そのもの」に遭遇しました。
もちろんこれはわんこさん用ではなく、
駐輪場の斜路付き階段。
d0224487_125886.jpg

わんこにも人にもやさしい住まい。
わんこさんと飼い主さまに鍛えられる毎日です。
[PR]

# by eight-ten | 2017-01-16 01:27 | 建築・アート | Comments(0)
2017年 01月 06日

お正月の片づけと。

平常モードに戻りつつ、お正月の片づけを。
漆器は洗って拭いて、乾かして、仕舞います。
仕舞う準備のできたものたち。

d0224487_18145710.jpg


年末に、ご実家の建て替えを目前にされた方から、旧家にあったお品をいくつか譲り受けました。
写真のお重とお椀がそうです。
早速、使わせて頂きました。
亡くなられたお母様が百貨店の通販で求められたものとか。
自分が新婚時に気に入って買った地味なお重よりひとまわり小さくて、随分かわいらしい蒔絵です。
このような小ぶりでかわいらしいものが、ちょっと寂しい気分だった今年のお正月を、とても華やいだ気持ちにさせてくれました。
感謝です。。。

お重の中身は撮り忘れましたが、
今年も義母と義弟家族が作ってくれたおせち料理を大晦日にぎっしりとつめさせてもらいました。
実家の母が一人で頑張ったおせち料理も、撮り忘れましたが、元旦の朝に堪能しました。
毎年、中身の変わらない夫の実家のおせち。
そのぶん、材料の質や気候や作る人の体調によって微妙に変わる出来栄えを、あれやこれや批評しながら、楽しく頂きます。
それとは対照的に、母のおせちは、毎年新作が登場します。
今年の新作は、TVで見たという中華風の複雑な味の里芋の肉巻きと、庭のクチナシの実で染めたきんとん。
どちらもとても有難くおいしく頂きました。

私はというと、自宅でお雑煮のみ作りました。
関西風白味噌仕立てと、関東風お澄ましを交互に。

料理の写真を全く撮っていないくて寂しいので、
なぜか妹が作ったおせちの写真をここに。

d0224487_1817127.jpg


妹はおとんぼなようで、実はとても家庭的。
年末ぎりぎりまで仕事して、子供と夫の世話もして、深夜遅くまでかかっておせちも作ります。
二人の姉と違って、主婦業もめっちゃ頑張ってます。
[PR]

# by eight-ten | 2017-01-06 18:29 | 季節の行事 | Comments(2)
2017年 01月 05日

初詣

初詣は、いつもの住吉大社と、近所の福應神社
d0224487_244075.jpg

d0224487_25217.jpg



d0224487_284466.jpg

お正月花は、昇龍松、シンピ、赤柳、ドラセナ。
師匠が18歳の時に作られた花器にいけてみました。
d0224487_253437.jpg

年末の我が家の忘年会26人のお客様が来てくださいました。
基本的には大学時代のゼミ関係の集まりですが、
今年は飛び入りで高校の剣道部の先輩方も顔を出してくださり、
忙しくててんてこまいながら、嬉しい楽しいひとときでした。
去年までは、エイトはお客様が来られるたびに飛んでいって、かぶりついて歓迎していましたが
今年はそういう心配もなく、
平和にとどこおりなく進む、と思いきや、
Yさんが持参くださった一升瓶の濁り酒が暴発し、吹き抜けの天井まで到達するアクシデント。
米麹入りのしぶきが手の届かない天井や壁に飛び散り
今は乾いた米粒が見えています。
我が家の歴史と思って受け入れます。
[PR]

# by eight-ten | 2017-01-05 02:09 | 節目 | Comments(0)