fuga!エイト

fugaeight.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:節目( 19 )


2017年 07月 16日

メイちゃんアースくん

久し振りの投稿です。
前期は、いつになく忙しい日が続き、ブログまではたどりつけずにおりました。
ちょっと一息つけるようになりました。
ブログも再開していきたいです。

先週のお話ですが、エイトの姪っこちゃんとその息子くんに会いに行ってきました。

同じ県内、淡路島にお住まいです。

以前、エイトが元気だったころ、親戚探しのサイトに登録し、何頭か親戚犬がいることがわかりましたが、その後、パスワードがわからなくなってしまい、私はそのサイトにはログインすることができません。
どなたにもこちらからは連絡をすることがないまま日がすぎ、、、
エイトが亡くなった時に、エイトの姪にあたるメイちゃんの飼い主さんがブログにコメントをくださっていたのです。

そして、少し時間があきましたが、今回、会うことができました。
エイトが元気なころから、エイトと血の繋がりのあるわんことその飼い主さんに会いに行きたいと思っていました。でも、エイトが亡くなってしまい、犬なしの夫婦だけが会いにいっても、わんこさんとしては別に嬉しくはないでしょうし、と思うと、なかなか気後れして踏みだせずにおりました。

でも、4月にエイトの妹のきいなちゃんとちゃあちさんに会うことができ、少し気持ちが前向きに。

そしていろいろあってとうとうこの日を迎えることができました。

淡路島の玄関口 淡路ハイウェイオアシスのデッキで、とご指定頂きました。
西宮からは車で1時間。高速道路を降りずに行けるとても便利な立地。
エイトとも何度も来た思い出の場所でもあります。

メイちゃんたちは随分前に到着して、屋根のある景色のよいテラスで待っていてくれました。

d0224487_193395.jpg


右がエイトの姪(異母妹の娘)のメイちゃん4歳、そして、左がメイちゃんの息子で2歳になるアースくんです。
メイちゃんは比較的小柄でエイトと同じくらいの大きさ、アースくんはがっちりとして立派な体格です。

メイちゃんはパピーの時に西宮からパパさんのところにやってきて、
2歳のときママになりました。7頭のおかあさん。
息子のアースくんと一緒に暮らし、ほかの6頭の子供達ともずっと交流を続けられています。
とっても素敵です。

ついエイトの面影を探してしまいます。
ブログで見るより、2頭ともずっとずっとエイトと似ています。特に横顔がそっくりなのです。
性格はエイトと違って、とても穏やかなのだそうです。
やはり、大切に育てられているからでしょう。
そして、とても我慢強いです。
海沿いの日陰とはいえ、暑いところを、ニンゲンの話につきあって、ずっと大人しく、にこにことそばにいてくれました。エイトだったら、途中で暴れ出したのではないかしら。

私たちはもう一度犬と暮らしたいと思っています。
やっぱりゴールデンレトリバーがいいな。

エイトは大手のペットショップに長くいた子でした。
うちに来た時には、4か月後半。
ショーケースに入らない大きさになってからは、イベント用に店舗を転々としていたようです。
身体の華奢さや、他の犬に見せた攻撃性は、こうした生い立ちも関係していると思います。

うちに来てからは、エイトが孤独を感じていたかどうかはわかりませんが、
お里があって、母犬やきょうだいとの交流があれば、エイトの生涯はもっと豊かであったと思います。

可能なものなら、エイトと繋がりのある子と暮らしたい。
できたら、お里があって、交流させてもらえるおうちから迎えたい。
そして、8歳の若さでなくしてしまったエイトのぶんも、幸せにしたい。

これは、不意にこの手からいなくなってしまったエイトともう一度でいいから暮らしたい、という勝手な思いから来るものだと思います。

ただ、私は犬が大好きですし、子供の頃から結婚して家を出るまでは、常に家に犬がいる暮らしでした。
ゴールデンのエイトとの暮らしは本当に楽しくて夢のような幸せな毎日でしたが、どんな犬種でもどんな顔でも性格でも、一緒に暮らしたら可愛くって仕方ないと思います。
ですが、エイトパパは犬がこわい。犬に対するキャパシティが小さく、エイト以外は今でも怖いんだそうです。エイトが初めて唯一一緒に暮らした子で、余計にエイトの面影を求めているようです。「エイトみたいな細身で、イケメンで、・・・」と、いろいろ言い募ります。
そして自分の年齢も考えると、活動的な大型犬を飼えるチャンスはもう一度だけなので、子犬から育て少しでも長く一緒にいたいと思っています。

そこで、メイちゃんのご家族にご相談してみました。
メイちゃんのお子さんたちのなかに、出産される予定はないでしょうか、できたら、おとこの子を迎えたいのですが、と。
そうしたら、何度かのやりとりを経て、メイちゃん自身の交配を考えてくださるというのです。
メイちゃんのおうちはビジネスで犬の交配をされているところではありません。
メイちゃんがアースくんたちを生んだ時は、パパさんがご自分で勉強されながら、本当にわが子のように丁寧にお世話をされた様子をブログで拝見していました。
私達にとっては思ってもみない申し出でした。
めいちゃんの交配を望むことは、大きな責任を伴うことに戸惑いも感じました。
でも、私の拙いブログを見て思いを感じてくださり、そして、パパさんご自身の思いも重ねてくださったようです。
今回、実際にお目にかかり、短い時間でしたが、いろいろとお話させて頂きました。
メイちゃん、9月ごろに交配にむけて動き出します。
エイトの面影を求めたら、エイトが思いもかけない縁を繋いでくれました。
ありがとう、エイト。
d0224487_315598.jpg2009年3月エイト7カ月

by eight-ten | 2017-07-16 03:26 | 節目 | Comments(0)
2017年 04月 02日

きいなちゃん

今日はとても嬉しいことがありました。
エイトの妹が会いに来てくれたのです。

d0224487_054759.jpg


かわいいでしょう
きいなちゃん 4歳。
同じ県内で、素敵なご家族・・お父さん、お母さん、お姉さん(人間)、おにいちゃん2頭(マルチーズ)に愛情いっぱい注がれて暮らしています。

d0224487_05583.jpg


エイトがまだ元気だったころ、犬の親戚探しのサイトに登録しました。
何頭かの親戚犬さんが見つかりましたが、直接連絡する勇気が持てずにいたところ、きいなちゃのママさんからご連絡を頂けたのです。

d0224487_0581468.jpg


まったく面識のない私に、エイトが亡くなった時もそのあともお声をかけて頂きました。
春になったら桜を見に芦屋へいらっしゃること。
その時には、きいなちゃんを抱き締めてね って言ってくださってました。

d0224487_15248.jpg


そして、桜はまだ蕾でしたが、今日、きいなちゃんを抱き締めることができました。
エイトにそっくりです。
そして、やっぱり女の子です。お育ちもあるのでしょうが、
エイトのようにな荒々しさはなく、ふんわりと柔らかい優しい雰囲気をまとっていました。
幸せオーラ。

d0224487_165417.jpgきいちゃん。お花見らしいピンクのTシャツにポムポムプリンのカラーでおしゃれです。いいなあ~~


夙川河川公園をお散歩しながら、いろいろとお話させて頂きました。
きいなちゃんは、エイトと父親違いの妹です。愛媛の同じ犬舎の出身。
飼い主さんとの出逢いの経緯も、うちととても似ています。
エイトとは正反対なところもあって、
お水が苦手、お出かけ好きではなくおうち派。温厚なところ。少しびびりさんだそうです。

d0224487_175329.jpg


どうしてエイトが生きている間にこんなかわいい妹に会わせてやれなかったのだろう、と
悔いはつきませんが、それは今さら仕方のないこと。
それも含めて、エイトがなくなったことで、大切なことをたくさん学んだように思います。

d0224487_185459.jpg

エイトのイメージにぴったりのビタミンカラーのブーケを頂きました。

お父さん、お母さん、そしてきいなちゃんにたくさん励まされました。
エイトも隣にいてにこにこしてたよね。
こんな素敵な出会いに感謝です。
d0224487_1223562.jpg



by eight-ten | 2017-04-02 01:17 | 節目 | Comments(0)
2017年 02月 01日

ホテルモントレ神戸2017

着付け教室の新年会。
d0224487_229479.jpg

毎年、先生が心をこめた手作りのパーティーを催してくださる。
今年は10年の節目の年。
10年続ける、すごいこと。
私は子供のころから「先生運」は抜群なんです。

by eight-ten | 2017-02-01 02:31 | 節目 | Comments(4)
2017年 01月 05日

初詣

初詣は、いつもの住吉大社と、近所の福應神社
d0224487_244075.jpg

d0224487_25217.jpg



d0224487_284466.jpg

お正月花は、昇龍松、シンピ、赤柳、ドラセナ。
師匠が18歳の時に作られた花器にいけてみました。
d0224487_253437.jpg

年末の我が家の忘年会26人のお客様が来てくださいました。
基本的には大学時代のゼミ関係の集まりですが、
今年は飛び入りで高校の剣道部の先輩方も顔を出してくださり、
忙しくててんてこまいながら、嬉しい楽しいひとときでした。
去年までは、エイトはお客様が来られるたびに飛んでいって、かぶりついて歓迎していましたが
今年はそういう心配もなく、
平和にとどこおりなく進む、と思いきや、
Yさんが持参くださった一升瓶の濁り酒が暴発し、吹き抜けの天井まで到達するアクシデント。
米麹入りのしぶきが手の届かない天井や壁に飛び散り
今は乾いた米粒が見えています。
我が家の歴史と思って受け入れます。

by eight-ten | 2017-01-05 02:09 | 節目 | Comments(0)
2017年 01月 05日

年賀状2017

遅くなりましたが、新年のご挨拶を申し上げます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
d0224487_1294289.jpg

by eight-ten | 2017-01-05 01:30 | 節目 | Comments(0)
2015年 12月 25日

2015 クリスマス

Merry X`mas!
エイトナカイです。 d0224487_10484831.jpg

by eight-ten | 2015-12-25 10:49 | 節目 | Comments(0)
2015年 08月 12日

エイト、7歳になる

エイト、8月10日で7歳になりました。

おめでとう。

とうとうシニアの仲間入りです。

初夏からトラブル続きでしたが、やっと終息。

おしりの毛も少しづつ生えてきました。

健康でイキイキした1年になりますように。

今日も一日お留守番でしたが、とりあえず、なんとかまだ薄明るい時間に帰宅して、1回目のお散歩に行きました。 

ニコニコさんです。

ネコスポットは引っ張って足早に通りすぎます。

d0224487_131357.jpg

by eight-ten | 2015-08-12 01:36 | 節目 | Comments(0)
2015年 04月 01日

とうとう年上。

ひさしぶりにやってみました。

ペット人間化メーカー

エイトは人年齢になおすと、51歳だそう。

とうとう抜かされてしまった。



d0224487_23304096.png


中年でもヤングには負けません!常にワクワクを追いかけています。



あかん。

ゆるされへん。

by eight-ten | 2015-04-01 23:32 | 節目 | Comments(0)
2015年 01月 18日

20年

d0224487_058946.jpg

加川広重 巨大絵画「雪に包まれる被災地」が繋ぐ 東北と神戸プロジェクト 神戸のKIITOにて。

この絵画を背景にした、坂茂さんの講演会を聴きに行ってきました。
節目の今日に、とても素晴らしいお話を聞くことができた。

県公館まで献花に行こうかな、と思っていたら、会場で友人に出会い、そのまま、
東遊園地の「阪神淡路大震災1.17のつどい」へ。
白い菊のつぼみを、「1.17希望の灯り」へ献花。
そのつもりじゃなかったのだけれど、人の流れに沿って、慰霊と復興のモニュメントの地下にある震災犠牲者の名前を刻んだ銘板が掲示されている空間へ吸い込まれてしまった。
おそるおそる同級生だったふたりの名前を探したら・・・見付けてしまった。
いつもきちんとして静かに微笑んでいた彼女の名前。
同じ道場でともに汗を流したやさしい彼の名前。
本当にそこに彼らの名前が刻まれていたことは、まだ受けとめきれないけれど、

20年経った。

by eight-ten | 2015-01-18 01:25 | 節目 | Comments(0)
2014年 12月 04日

師匠の披露宴へ

d0224487_1525366.jpg
エイトをホテルに預けて東京へ。
仕舞の師匠の結婚式でした。
白金の八芳園に能楽界の重鎮が勢ぞろい。
人間国宝だけでも何人も、という豪華な顔ぶれでした。
d0224487_252436.jpg
大勢の能楽師による高砂「四海波」の大合唱では、あまりの迫力に涙が出そうになりました。
d0224487_264883.jpg
こういう格式の高い披露宴へ出席するのは初めてでしたが、
形式ばったかたい雰囲気ではなく、和やかで温かい宴でした。
師匠と奥様、そしてご家族のお人柄がしのばれ、幸せをおすそ分けいただいたような気持ちになりました。
d0224487_1515971.jpg


花嫁さまのうちかけ 


エイトは、ホテルで、エステとお散歩つきの宿泊プラン。
d0224487_1411261.jpg
シャンプー、カット、爪切り、肛門しぼり、足裏の無駄毛カット、ひげ抜き、等々。
足のつま先まできれいになって、
一足先に年越し準備完了です。
d0224487_1414681.jpg


by eight-ten | 2014-12-04 02:08 | 節目 | Comments(4)