fuga!エイト

fugaeight.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 18日

サンテミリオン シャトー訪問

また暫くぶりの更新になってしまいました。
今さらですが、GWフランス旅行の続きを。
もう秋やん。

朝、ボルドー Bordeaux St Jean駅
駅舎と電車と姉

d0224487_2351840.jpg


日当たり抜群のボルドー駅ホーム

からの、リボーン GARE DE LIBOURNE 駅へ

d0224487_2357145.jpg


ここからタクシーで、サンテミリオン村へ向かいます。

d0224487_23592925.jpg


でも、タクシー乗り場にタクシーが常駐するシステムではないようで、電話で呼ばなくてはなりません。

早朝にもかかわらず、お姉ちゃんはタクシーを呼ぶことに成功。

d0224487_074348.jpg


30分ほどで、サンテミリオン村の中央部に到着。
石灰石の山にできた村です。
中世から地下空間が石灰岩の地盤を掘って造られ、各シャトーは地下で繋がっています。
大戦時、ドイツに占領された時は、ワインとユダヤ人を隠す場所となったそうです。
ワイン庫である地下洞窟がボルドーまで続いているそうです。

宿泊は、村の中央の広場に面したホテル。
とっても素敵なホテルなホテルでしたが、斜面地に建つ為、外観の写真はほとんどありません。

d0224487_1301696.jpg


シャトー見学ツアーの予約を日本でしていくのを忘れてしまい、
ホテルで相談してみたら、二軒のシャトーを紹介してくれました。
ボルドーのワイン取引には古くからネゴシアンという独特の職業が重要な役割を果たしています。
今回はこのネゴシアンさんがそれぞれのシャトーを案内してくれることになりました。
幸運なことに、ワインの製法や、ワインビジネスについて詳しくみっちり聞くことになりました。

d0224487_0241233.jpg


1件目は、熱心な研究者風のネゴシアンさんに案内されて、84歳のマダムが守るシャトーへ。
お住まいにワイン醸造場やワイン庫があります。
ワインの製法から、貯蔵、販売手法、ボルドー地方の歴史や文化など、丁寧に丁寧にお話してくれました。

d0224487_112644.jpg


英語でしたが、私にわかったのはたぶん20%くらい(泣)

d0224487_0181783.jpg


ワイン醸造所とはいえ、工場のはずですが、そこで製造作業がされているとは信じがたいほど、清潔で静謐な空気の漂う場所でした。

d0224487_0224939.jpg


d0224487_0271617.jpg


d0224487_0312837.jpg


2件目は、ニヒルなビジネスマンふうネゴシアンさんに、ワイン畑へと連れ出して頂きました。

d0224487_0412219.jpg


有名ブランドの畑や新進の栽培家の畑など、さまざまなバックグラウンドの畑の説明を聴きながら歩きます。
普段、建物を見て歩くことはあるけど、畑見て歩くのは初めての経験。

d0224487_0542565.jpg


ぶどうの栽培方法から、世界のワイン市場のお話まで、こちらのネゴシアンさんのお話も楽しい。理解率20%でも。
d0224487_0425080.jpg


d0224487_0505150.jpg


d0224487_0524353.jpg


d0224487_151324.jpg


そして、見学のあとは、ネゴシアンさん、それぞれのお店で試飲とお買い物の時間です。

d0224487_119990.jpg


この見学は一般の観光ツアーのようなものではなく、ネゴシアンさんも案内料というものはとられない。
ホテルでも金額の説明もなかった。

・・・もしかして、とってもお高いワインを買わなくてはならないのかしら、と高級ブティックのようなワイン店のバ―カウンターに座るころには不安になりました。

が、試飲に薦めてくださったのは、30ユーロ~100ユーロくらい。

ほっと安心しました。

ネゴシアンさんたちは案内しながら、自分が喋るだけでなく、

「日本では、どんな仕事をしているの?」

「普段はどんなワインを飲んでいるの?」(えっと、チリワイン・・・)

と、私たちのこともリサーチ済み(笑)。手の届く範囲のものをすすめてくれました。

d0224487_1211060.jpg


両親と姉と私の3家で3ダースほどのワインを買い込みました。

2ダースは航空便で、1ダースは手分けして持ち帰りました。

d0224487_1232167.jpg


ちなみに、1ダースの日本までの送料は12000円。
手持ちで重くて大変な思いをしたり、飛行機で重量制限にひっかかることを考えると、送ってしまったほうが賢明でした。
[PR]

# by eight-ten | 2017-10-18 01:43 | | Comments(0)
2017年 09月 03日

エイト 1周忌

d0224487_140353.jpg 

2016年8月15日 白馬スキージャンプ台の前にて。亡くなる2週間前。


9月2日はエイトの命日です。
エイトが発作を起こした6時10分に目覚めました。
息を引き取る7時半までの時間を、エイトがいたその場所で時計をみていました。
エイトが七転八倒した1時間半のことは、毎日思い返して、つい昨日のことのように鮮明な記憶のようですが、それでも、細かいことは随分ぼやけてしまっています。
こうして少しづつあの時のことは風化していくのでしょう。

d0224487_1425749.jpg


 一方、亡くなった直後より、悔いは大きく、
死に至ることになる前に、もっと生にこだわるべきだった、
もっと手を尽くすべきだった、
もっと早く病気のサインを見つけられなかったのか、など、思うばかりです。
今さらですが。
この思いは、もし、次に新しい命と縁があれば、その時に活かすしかありませんね。

今日は宝塚動物霊園で一周忌の供養をして頂きました。
今回もとても丁寧に法要を行って頂きました。
有難い思いでいっぱいです。

なにより、エイト、私たちのところに来てくれて、ありがとう。

d0224487_1493369.jpg

2016年8月15日 白馬47にて
[PR]

# by eight-ten | 2017-09-03 01:52 | 節目 | Comments(2)
2017年 08月 27日

月の都 ボルドー

ボルドーに到着
4月30日

ブルス広場の水鏡
d0224487_024076.jpg

背後に建つのは、はブルス宮殿(現在はボルドーの商工会議所と郵便局)。

あいにくの雨模様。

d0224487_032993.jpg


ホテルに荷物をおいて、早速 街へ出ました。

まず、昼食はこちらのレストラン。
父が昨年友人と来た、というリサーチ済みのお店で間違いなし。
一杯目のボルドーワインを頂きました。
d0224487_04343.jpg

この建物は、le grand hotel de bordeaux 
広場に向かい合って立つ大劇場の設計者と同じヴィクトール•ルイによるものです。

歴史ある美しい街。世界遺産です。
d0224487_085387.jpg


2003年からトラムが導入されています。
このトラムは架線を張らない地表集電方式(APS)というもの。
風格ある街とメタリックな車体との徹底的な対比が美しいです。
d0224487_0174048.jpg


d0224487_0182749.jpg


d0224487_0191279.jpg

グラン•テアトル(大劇場)は、ルイ16世時代にパリで活躍していた建築家ヴィクトール•ルイ(1731-1800年)の代表作。
パリのオペラ座(オペラ・ガルニエ)のモデルとなったと言われています。

現在の話題の名所、ガロンヌ川沿いの街はずれの再開発地区に昨年オープンしたワイン博物館 シテ・デュ・ヴァンへトラムで向かいました。
ここまで来て、普通の街にあるような、架線のある線路や電柱が目に入ります。
なんだかいきなり殺伐とした景観になります。
さっきまでいた歴史地区が、無架線化、無電柱化などによっていかに美しく保たれているかに気付かされました。

シテ・デュ・ヴァンは、ワインボトルをイメージしたという外観です。
d0224487_0542146.jpg

歴史地区からは距離があるので、この外観もありなのか。
d0224487_0554438.jpg

内部の展示やプログラムが大変充実しているらしく、評判の施設です。
でも、あまりの長蛇の列にさっさと入場をあきらめて、
トラムで街へ引き返しました。

d0224487_0165629.jpg


d0224487_1492093.jpg


d0224487_147956.jpg


d0224487_1483568.jpg

チョコレートのお店。
鏡の使い方が素敵です。

d0224487_0583938.jpg

歩き疲れた母が、ラーメンが食べたい、というので、
私が見つけたJapanese noodle bar(日本食ラーメン屋?)へ入ってみました。
これがおお外れ(爆)
d0224487_122128.jpg

でも、人気店のようでした。
ボルドーで日本食のファストフード店を開いたら流行るかも。
おなかが一杯になってしまって、ホテルに引き揚げました。

両親も姉も疲れてその日は早くに就寝。

この頃、ようやく睡眠不足から立ち直った私だけ仕方なくひとりで夜の街へ。

d0224487_033017.jpg


方向音痴で昼間は父と姉に頼りきりですが、この時ばかりは地図を握りしめ、街かどで標識を確かめながら進みます。

夜の街にもトラム。

建築のライトアップが素晴らしすぎて、トラムの存在感は夜のほうが薄れます。

d0224487_0204136.jpg


d0224487_0223227.jpg


昼食をとったレストランも夜は華やぎを増します。
d0224487_026311.jpg


d0224487_0305064.jpg



さっきのJapanese noodle barも満員。
d0224487_172199.jpg


d0224487_0274798.jpg


d0224487_0254061.jpg


夜の水鏡もしっかり見て、

d0224487_0291075.jpg


無事、ホテルまで戻ることができました。

d0224487_1423818.jpg


d0224487_1433474.jpg



d0224487_1443035.jpg


d0224487_1455790.jpg


ホテルはBest Western Bordeaux Bayonne Etche-Ona
新しくて快適なホテルでした。
d0224487_1374742.jpg



d0224487_0343866.jpg


「月の都」っていうけれど、月は出ていたのかしら?



d0224487_038074.jpg


d0224487_041439.jpg


朝食はホテルでしっかり頂きました。
d0224487_0424822.jpg


サンテミリヨンへ向かいます。
[PR]

# by eight-ten | 2017-08-27 01:52 | | Comments(2)
2017年 08月 24日

ようやく、ボルドーへ

GWの旅行記を書きかけのまま・・・
再開します。(ほんまか?)

d0224487_115325.jpg


パリに昼過ぎに到着。
今回は両親と私はエールフランスの同じ便で移動し、ホテルで姉と落ち合います。
まずは、ホテルに荷物をおいて、街に出ます。

d0224487_0193080.jpg


ホテルはいつもと同じリュクサンブール公園近くのプチホテル。
ホテル ジャルダン ルクセンブルク

便利で治安が良い立地で、とてもこじんまりとして、居心地の良いホテルです。

d0224487_0224415.jpg


d0224487_0371168.jpg


ソルボンヌ広場のカフェで一息。

d0224487_029236.jpg


出発前はいつになく仕事が忙しく、徹夜続きで飛行機に飛び乗ったものの、機内では一睡もできず、フラフラ。
d0224487_0545880.jpg


カフェに座っていると、ようやく、「ああ、やっとここまで来た」という実感がわいてきました。

d0224487_0325038.jpg

d0224487_035099.jpg

d0224487_035407.jpg


フランス旅行一日目の夕食は中華料理。
両親も姉もここの中華が大好き。
何年も通っているので、お店の人ともすっかり仲良しです。
ベトナム系中国人の方が経営する「東紅」というお店。
ライムのはっぱの入ったフォーなど、ベトナム料理のイメージのメニューが充実しています。
紹興酒はなくて、お酒はビール、ワインくらい。

食べ散らかした画像ですみません。
d0224487_042475.jpg


旅をする前にすでに睡眠不足で限界でしたが、エスニックなお味が心地良く、
また少し、図面漬けの日常から距離をおけた幸せをかみしめておりました。

爆睡した早朝は、オステルリッツ駅のカフェで朝食。
クロックムッシュは、日本ではあまり好きではなく食べませんが、こういうなんでもないカフェで出されるモノが本当においしい。

d0224487_0584248.jpg


TGVでボルドーへ向かいます。

d0224487_104238.jpg


旅の企画と細かなスケジューリングは父が、鉄道のチケットやホテルの予約や現地でのナビゲーションは姉が、そして、母と私はついていくだけ、というおとんぼ気分全開の旅です。
せめて重い荷物は持ちますよ。
睡眠不足を少しだけ解消した私は、この電車の中で初めて旅行のガイドブックを見る余裕が生まれてきました。今回の旅のメインは、ボルドーのワイン産地を訪ねます。

d0224487_110086.jpg
[PR]

# by eight-ten | 2017-08-24 01:18 | | Comments(0)
2017年 07月 22日

ボルドーへ

梅雨明け。
遥か彼方の思い出になりそうなゴールデンウィークの旅の記録を整理したいと思います。
4月30日 パリ オステルリッツ駅
これからボルドーへ向かうところ。
d0224487_16191376.jpg
[PR]

# by eight-ten | 2017-07-22 16:19 | | Comments(0)