2017年 04月 06日 ( 1 )


2017年 04月 06日

2017春信州の旅-5

桜も盛りですが、信州旅行の続きを。
白馬では最終日、ペンションピレモンさんを訪ねました。
ママさんにご挨拶し、涙。
そして、ゴールデンのつぶくんにも会わせてもらうことができました。
つぶくん、どことなくエイトとも似ています。
d0224487_1451552.jpg

先代犬のごはんくんもつぶくんも、エイトが仲良く遊べた数少ない男子ゴールデン。
夏も冬もピレモンさんでのひと時は大切な思い出です。
ペンションの母屋の裏の林では、キャンプ場の整備を進められています。
d0224487_154534.jpg
もちろん、わんこと泊まれるよう、区画ごとにウッドフェンスに囲われています。
楽しみだね。

白馬を後にし、飛騨へ。
エイトと飛騨高山は歩いたことがありますが、古川のしっとりした街に行ってみたくて、宿は飛騨古川にとりました。
白馬からの山越えはまた吹雪。
徐行運転で、周りがすっかり暗くなってから、なんとか飛騨に辿りつき、旅館まであと200mという角を曲がった時に、がっくーんと、水路に車の左前輪を落としてしまいました。
あらららら・・・この旅2度目の車トラブル。
エイトのいたずらか?
深い溝でどうしようもなく、ロードサービスを呼ぶも、なかなか来てくれず、私だけ徒歩で宿に助けを求めに歩きました。
と、その間に、なんとご近所の方が何人も出てきて下さって、真っ暗な吹雪の中みんなで車を持ち上げてくださったのです。本当に有難いことでした。
やっとの思いで辿り着いた宿は、江戸時代から続く老舗旅館八ッ三館
チェックイン時間を大きく過ぎてしまったのにも関わらず、ゆきとどいたおもてなしと美味しいお料理に、疲れて尖った神経が解けてゆくうようでした。
d0224487_2154529.jpg

チェックインの手続きのお部屋。おうすとお菓子を頂きました。
飛騨古川はろうそくのまち。
夕食はろうそくのあかりがゆれる演出で頂きました。
d0224487_218296.jpg
ちょうど旧暦のお雛様ということで、館内のいたるところにお雛様が飾られています。
d0224487_22041.jpg

なんとこのお雛様は、よく見ると全員が洋楽の楽器を持っているのです。
お雛様はピアノ、三人官女ハープ・・・などなど、素晴らしいです。
そして、この宿は、映画「ああ 野麦峠」のロケにも使われた場所でした。

翌日は飛騨古川のまちを歩き、
車の件でお世話になったお宅には、せめてものお礼にと古川の新酒の小瓶をお届けしました。
d0224487_2255965.jpg

d0224487_2262983.jpg

d0224487_226577.jpg


d0224487_2273133.jpg

川に雪が三角形に残っている。なんで?・・・と思えば、
d0224487_2295022.jpg

道路の雪を川に捨てられるようになっているんですね。
自然と生活が融合した面白い景色です。

飛騨高山はまた別の機会に来ることとし、白川郷へ。
以前、エイトと来た時は、2009年のGWの雨の日でした。
カッパがぶかぶかだったな。まだ8カ月くらいの時。
d0224487_2441374.jpg

d0224487_2442881.jpg

d0224487_2444870.jpg


今回は、山の中腹から雪の白川郷を見渡しました。
d0224487_2462287.jpg

ここでも散骨をさせて頂きました。
エイトがルンルン歩いた白川郷。

集落そのものはもちろん保存されているので、以前と殆ど変りませんが、
d0224487_2481470.jpg

観光用の駐車場やトイレはきれいに整備されていました。
d0224487_2483743.jpg

トイレへの通路になっている雪囲い
ただ、アジア系の観光客が多すぎて、風情をあまり感じることはありませんでした。

白川郷を後にして、
ひるがの高原SAでまたちょっと散骨して、
名古屋のエイトパパのマンションへ向かい旅は無事終了・・・
と思ったけれど甘かった。我が家の旅にかかせないのが、車のトラブルです。
ちょっと買い物に寄った名古屋市内のアルペンの駐車場で、さあ帰ろうと車のエンジンをかけましたが、ウンともスンともいいません。
今度こそ、ロードサービスに来てもらいましたが、なすすべなく、その日は終了。
翌朝、パパは名古屋で仕事、私はなんとしても西宮に帰らねばなりません。
結局、車はレッカーで名古屋から西宮のディーラーの修理工場まで運んでもらうこととし、私はひとり新幹線で帰ってきました。
スキー板以外の荷物を全部持って、ひっきりなしにかかってくる保険会社とのやりとりをしながら。
なにしろ、2晩続けて別の理由でロードサービスに連絡しているので、保険会社も混乱しているようでした。
美味しいものや温泉や美しい景色で、一度緩んで癒えたかと思った神経は、また尖りまくって(笑)、
へとへとで帰ってきました。

結局、車は、セルモーターに電気信号を伝えるリレーという部品の故障でした。

エイト、いたずらが過ぎる===!!

我が家らしいドタバタの思い出旅となりました。
d0224487_3113.jpg 飛騨古川

by eight-ten | 2017-04-06 03:09 | | Comments(0)