2011年 11月 08日

山邑邸 ‐あこがれの廃墟の今

芦屋の山手にある山邑邸。
d0224487_1571968.jpg

正式名称は「重要文化財 ヨドコウ迎賓館 旧山邑家住宅」
1918年 帝国ホテルの設計ために来日中のフランク・ロイド・ライトが、桜正宗の醸造主、山邑太左衛門の別邸として設計した住宅。
ライトが設計した建築物で、ほぼそのままの姿で現存する日本で唯一の住宅建築。
尾根の先端の斜面に這うように計画されている。
d0224487_1592030.jpg

1947年に政治家であった淀川製鋼所の宇田社長の私邸として買い取られ、現在に至る。
私が初めてここを訪れたのは、1989年。廃墟のようになって忘れ去られていたこの建物が、大修理を経て一般公開された年。
子供のころから、見上げるたび、船のような外観にミステリアスな魅力を感じていた。
d0224487_204588.jpg

最近は毎年新入生を連れて実測を兼ねて見学に行っている。
d0224487_23314.jpg


今回、建築士会の情報誌で山邑邸の記事を書く担当になった。
あまりにも有名な建物なので、テーマをどうしようかと迷ったところ、
1972年にあった建て替え計画と保存運動について調べてみることにした。
淀川製鋼所に取材に行ったり、保存運動で座り込みをした人に話を聞いたり。
d0224487_211577.jpg

d0224487_245317.jpg

d0224487_264677.jpg

現地の山邑邸は休館日を選んでわざわざ写真撮影の為に開けて頂いた。
撮影って言っても、私がスナップ撮るだけなのに。
ぜいたくな場所で一人、ぜいたくな時間を過ごさせて頂いた。
芦屋の地に花開いたモダニズム文化に思いをはせながら、
山の紅葉、谷をわたる風、きらきら光る海。
こんな機会があると良いカメラが欲しくなります。腕も。
d0224487_281010.jpg

ほか、山中に建つ廃墟としては、岡本にあった二楽荘跡が大好きだった。
神戸に引っ越してきてすぐ姉が「リア王のお城」と名付けた為に、シェイクスピアのリア王の小説のドロドロしたイメージを重ねていた。
弟や犬のクロと一緒に谷を越え、斜面を登って探検に行った。
正真正銘の廃墟でなかなかスリリングだった。
実際の二楽荘は大谷光瑞の造った学校跡だった。それもすごい規模の。
今は新興宗教の山になって近づけない。
d0224487_2285663.jpg

by eight-ten | 2011-11-08 02:35 | 建築・アート | Comments(5)
Commented by kirara at 2011-11-10 11:09 x
素敵な邸宅ですね 一度見てみたいです。
見晴らしも良さそう。
公邸ということは政府が建てたということでしょうか。
Commented by masako at 2011-11-12 01:26 x
kiraraさん。有難うございます。文中の「公邸」というのは誤りで、「私邸」ですね。宇田社長という方は、経済企画庁長官までなさった方のようですが、それでも「公邸」ではないですね。訂正します。
山邑邸、お供しますよ~。
いつ行っても気持ちいいところですが、春に山邑家に代々伝わる雛人形展をされるので、その頃がお勧めです。
Commented by kirara at 2011-11-12 11:35 x
わー 嬉しい
覚えといてよ~
Commented by きりん at 2011-11-13 00:53 x
こんばんは!
あら、登場してる??

なつかしいですね。
ここは行ったことがありません。

このごろ、田園調布にときどき行くけれど
あそこは、阪神間モダニズムの真似なのだとか。
たしかに、芦屋より小ぶりな印象があります。

海と山がないからなあ・・・

関東平野では動きがなくて
ダイナミックな豪華さがないのかもしれません。
Commented by masako at 2011-11-14 01:11 x
きりんさん、。有難うございます。
そう、登場してますね~
田園調布はそうなんですか。では、新しい街なんですね。
社会科で「わたしたちのまち、こうべ」とか「私たちのまち、兵庫」とか習ったけど、歴史はほとんどなかったですね。
一度、歴史探訪ツアーしましょ。


<< 港でゲイジュツに出合った!      独占欲 >>